雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

砥石が無くても包丁の切れ味を復活させる方法

砥石が無くても包丁の切れ味を復活させる方法

新しい包丁を使うとスパッ、スパッと切れてとても気持ちがいいですね。
しかし、長く使っていると包丁の切れ味は悪くなっていきます。でも砥石なんてもっていない・・・、そんなときにどんな家庭にもあるものを使って包丁の切れ味を復活させる方法があるのをご存知でしょうか?

アルミホイルを使って簡単に切れ味を復活させる方法

もっとも簡単な方法は、アルミホイルを使う方法です。
家庭にあるアルミホイルを適当な長さにカットし、それを二つ折り、または丸めてしまいます。そして紙を切るようなかんじで、アルミホイルを数回切ります。
たったそれだけで、包丁の切れ味は驚くほど良くなるのです。

この方法はハサミでも同様に使用することができます。

なぜ、切れ味が良くなるのか?
実はアルミホイルを切ることによって、刃の表面に細かい傷がつきこの細かい傷が切れ味を良くするようです。
また、刃の表面についた細かい目に見えない金属ゴミがアルミホイルのほうにくっつく為に切れ味がよくなるとも言われています。

瀬戸物の底を使って切れ味を復活させる方法

陶器のお茶碗やどんぶりを裏返して、その底にあるざらざらした部分を使用しても包丁の切れ味を復活させることができます。
その方法を、底のざらざらした部分でで包丁をこするだけ。こちらの方法も包丁の切れ味がばっちり甦ります。

こちらの方法は砥石とよく似た感じですね。ただし、もちろん砥石のほうがキメが細かいので、より切れるようになるのは間違いありません。

大根+クレンザーで???

えっ?という感じですが、大根とクレンザーを使用しても包丁の切れ味を復活させることができます。
大根を輪切りにし、その表面にクレンザーを付けます。後はこのクレンザー大根で刃の表面を研ぐだけ。

クレンザーは研磨剤を含むため、刃の部分が研磨されて包丁の切れ味が復活するのです。
ということは別に大根でなくても良いのですが、どうせ捨てる大根の首を有効利用しようという方法です。
サイズ、固さ的にもちょうど良いですしね。

とはいえ、砥石が最高

上記の方法で、包丁の切れ味を復活させることはできますが、大切な包丁の場合、キズ物になってしまう可能性もあります。
大切な包丁の場合は砥石で研ぐか、専門の職人さんに研いでもらうようにしましょう。

写真:San Pellegrino Lemonade Foil Top – Texture Detail / Dominic Alves / CC BY 2.0

Return Top