雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

早い者勝ち!〇〇で億万長者をもたらしたもの一覧

早い者勝ち!〇〇で億万長者をもたらしたもの一覧

世の中には先見の明を持った方がたくさん存在します。

当時は誰も目をくれなかったものに先行投資することで、億万長者になった人が存在するのです。

今回は億万長者をもたらした物をいくつか紹介します。

また記事の最後にはこれから億万長者排出の期待が持てる物を紹介しています。

日本株投資で億万長者

株式で億万長者になった人を「億り人」といいます。

Yahoo!

1997年11月の上場初値は200万円だったヤフーですが、その後ITバブルのリーディング銘柄となり、2000年2月には最高値1億6790万円。しかも株式分割何度も行っていますから、実質6.7億円!

たった2年半で「億り人」を多数、世に排出しました。

ガンホー

近年ではまれにみる大出世株であるガンホー。
スマホバブルに上手く乗っかり、パズドラブームで株価がすごいことに。

一株15万円が150万円に。しかも10倍の株式分割をしているため、実質100倍の株価になりました。

そーせい

医薬品のベンチャー企業です。
リーマンショックの影響による株式市場のバブル崩壊で2008年には100円程度まで下落しましたが、2015、2016年には人気銘柄となり、株価が18000円近くまで上昇。

さらに最高値は26180円まで上昇
価格の安い時期に比べて、実に250倍強の上昇率となりました。

仮想通貨投資で億万長者

少しづつ巷に広がりを見せる仮想通貨ですが、先見の明を持っていた人はすでに億万長者です。

ビットコイン長者

1ビットコイン=20円の時代がありました、現在の価格はなんと1ビットコイン=490000円!
価格は破格の24500倍になっています。

リップル長者

2013年には0.6円代でしたが、2017年3月末に東京三菱UFJ銀行のリップルネットワーク参入をきっかけに27円まで暴騰。現在は17円代ですが、それでも30倍弱まで価格が跳ね上がっています。

ICO長者(予定)

2017年8月3日、国内の仮想通貨取引所「Zaif」を運営する「テックビューロ」主催による、日本発のICO「COMSA」が正式発表されています。

ICOとは簡単にいうと、企業が株を発行する代わりに仮想通貨を発行することで資金を集め、個人はこの仮想通貨を取引することで値上益を狙うことができます。

初物には億万長者への可能性が多分に含まれています。

現在、先行登録を実施しており、先見の明を持っている方がすでに4万人以上も登録しています。

先行登録はメールアドレスのみで無料で登録可能ですので、早めに登録しておくと良いでしょう。

あなたも億り人になれる! COMSA事前登録はこちらから!

はたして、ICO長者は生まれるのでしょうか?

Return Top