雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

生物の雑学

生物に関する雑学

恋は万能薬、風邪にも効果がある
168

恋は万能薬、風邪にも効果がある

何となく体調が悪い時でも、好きな人を前にすると急に体調がよくなる事はないでしょうか? 恋は病気を治す魔法の薬なのかもしれません。 脳内物質が風邪を抑える 恋をすると、脳内でPEAとエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。 PEAはフェニルエチルアミンといい、恋愛の初期段階でおこるドキドキ感を引き起こす物質です。 エ...
亀の性別は生まれるときの温度できまる。オスメスの見分け方は?
208

亀の性別は生まれるときの温度できまる。オスメスの見分け方は?

亀の性別は受精した状態では決まっておらず、孵化するまでの卵周辺の温度によって決まるのをご存知でしょうか? 卵の温度で性別が決まる 不思議なことに亀の種類によらず、ほぼ全ての亀が卵の温度で性別が決まります。 しかし、その温度は様々で、例えばアカウミガメなどは28℃以下ならオス、28~29℃ならオスメス半々、30℃以上の高...
ゴキブリの名前の由来
443

ゴキブリの名前の由来

皆に嫌われ者のゴキブリ。大きいものでは40㎜~48㎜にもなるワモンゴキブリなるゴキブリも存在するようです。 ところで、嫌われ者で繁殖力も半端じゃないゴキブリ、その名前の由来を知っていますか? 誤字が原因で「ゴキブリ」と呼ばれるようになった 元々は御器(ごき:食器の意味)をかぶる(かじる)虫という意味で御器噛り(ゴキカブ...
人間のせいで絶滅させられた動物
1479

人間のせいで絶滅させられた動物

世界には発見されているだけで、約175万種もの生物が存在するといわれており、発見されていないものも含めると500万種~3000万種物生物が存在するそうです。 この多様な生物の中から毎年4万種もの生物が絶滅していると言われています。 絶滅した生物の中でも、人間が原因で絶滅した動物を紹介します。 ヨウスコウカワイルカ ヨウ...
足の数85本、お化けダコと呼ばれるタコ
311

足の数85本、お化けダコと呼ばれるタコ

タコと言えば、足の数は8本ですが、驚くことに8本以上の足を持つタコが存在するのです。 三重県の鳥羽水族館に展示されている多足ダコ 1957年、鳥羽水族館に三重県鳥羽市答志島で最終された多足ダコが持ち込まれました。 その足の数、なんと85本。 館内に標本として展示され、「お化けダコ」として親しまれています。 何故、足の数...
イカの足は10本ではなく、足8本、腕2本
224

イカの足は10本ではなく、足8本、腕2本

一般的にイカの足の本数は10本であると思っていますか?そう思っているあなた、間違いです。 10本のうち、2本は腕 生物学的に言うと、イカの足の数は8本になります。 イカは頭足類(主に頭、胴、足からなる軟体動物)に分類されており、4対、8本の足を持っています。これは同じ頭足類のタコと同じです。 イカの場合は8本の足に加え...
【吸血鳥】ハシボソガラパゴスフィンチという血を吸う鳥が存在する
413

【吸血鳥】ハシボソガラパゴスフィンチという血を吸う鳥が存在する

もしも、空を優雅に飛んでいる鳥が血を吸うために人に襲い掛かってきたら? 安心してください、人間の血を吸う鳥は存在しません。 しかし、血を吸う鳥、吸血鳥は存在するのです。 世界で唯一の吸血鳥 ハシボソガラパゴスフィンチ 名前からもわかるように、ハシボソガラパゴスフィンチはフェルナンディナ島、サンチャゴ島、ピンタ島、ジェノ...
虫に関する驚きの雑学30選
348

虫に関する驚きの雑学30選

信じるか信じないかはあなた次第の虫に関する雑学30選です。 1.ダンゴムシは明治時代に船の荷物に紛れて日本にやってきて、あっという間に日本中に生息域を広げた 2.クロカタゾウムシは硬すぎて針を通す事が出来ない。そのたためテープで貼り付けて針を刺している 3.関節が歯車になっているウンカという虫がいる 4.クマバチは体の...
ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走る
785

ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走る

嫌われ者のゴキブリ、見つけて退治しようとしてもものすごい速さで逃げるため、なかなか退治できません。 それもそのはず、ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走ることができるのです。 ゴキブリが人間と同じ大きさなら 平均的な人間で身長が170cmであれば、走る速さはおよそ時速20kmになります。 ゴキブリ、例えばク...
甘いものが大好きなアリも、人工甘味料には近寄らない
257

甘いものが大好きなアリも、人工甘味料には近寄らない

甘いものが大好きで、甘いものにいっぱい群がるアリ。 しかし、甘くても人工甘味料には群がらないのです。 アリにとって人工甘味料は甘くない 甘味料にはいろいろと種類があり、人間は甘く感じるのですが、アリにとっては甘く感じないものもあります。 アリは、触覚やひげで食物に触れることによる刺激で、対象物が食べられるかどうするか判...
Return Top