雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

生物の雑学

生物に関する雑学

カバの汗はピンク色?!
32

カバの汗はピンク色?!

動物園で見るカバは大きくて、のっそりしていてかわいいですよね。。 でも実はカバは非常に危険で獰猛な動物だそうです。 カバは、素早く動き危険を察知し、敵に向かっていく動物なのです。 そんなつかみどころのない「カバ」ですが、 カバの汗はピンク色なのです。 カバは地上に出るときに汗をかきます。しかもその量は尋常ではないそうで...
ゾウの妊娠期間は22か月?!
42

ゾウの妊娠期間は22か月?!

女性の妊娠期間は一般的にはトツキトウカ(10ヶ月10日)と言われています。 予定日より遅かったり早かったりもしますがだいたいそれくらいですよね。 人間でも10か月って結構長く感じますよね。哺乳類の動物の中ではゾウが一番長いそうです。 ゾウの妊娠期間は22か月。約2年間。 長いゾウは28ヶ月もかかるそうです。 妊娠期間が...
毛穴の数いつ決まるの?
55

毛穴の数いつ決まるの?

黒ずみや開きなど今では女性の肌悩みの中でも上位ランキングに入る毛穴の悩み。 毛穴には隠された真実があります。 年を取るに連れて毛穴が目出ち、増えているように思うことってありませんか? 実はこれ勘違いなのです。 毛穴の数は赤ちゃんの頃に決まり、大人になっても変わりません。 厳密に言うとお母さんのお腹の中にいる6か月くらい...
「おしどり夫婦」のオシドリ
87

「おしどり夫婦」のオシドリ

「おしどり夫婦」と聞くと、いつまでも仲のいい夫婦という意味で使っていますよね? というのも「おしどり夫婦」の象徴の鳥「オシドリ」はオスがメスを懸命に守ったり、メスが嫌がっていてもオスが常にくっつこうとしたりとオスのメスへの深い愛情表現から来ている言葉だそうです。 こんなにオスとメス仲のいいオシドリですが、実はびっくりな...
猫や犬に食べさせてはいけないもの
280

猫や犬に食べさせてはいけないもの

人間と生活を共にし、人間の食べ物も食べるようになった猫や犬ですが、何でも食べるからといって何でも与えて言いというわけではありません。 中には猫や犬の健康を害する食べ物もあるのです。 猫や犬に食べさせてはいけない食べ物の一部を紹介します。 猫に食べさせてはいけないもの アワビ アワビの肝臓には日光に当たると有害になる物質...
うさぎは人間にも欲情してしまう
302

うさぎは人間にも欲情してしまう

かわいい見た目のうさぎ。 実は人間にも欲情しているのをご存知でしたか? 発達し過ぎた生殖能力 うさぎは力も弱く俊敏でもありません、そのため外敵にもすぐに捕獲されしとめられてしまう上に、「うさぎは寂しいと死んでしまう」といわれるほど弱い生き物なのです。 しかし、うさぎも子孫を残さないといけません。 そこで発達したのが生殖...
サケは赤身魚ではなく、白身魚である
252

サケは赤身魚ではなく、白身魚である

サケは身が薄い赤色をしており、サーモンピンク称されることもありますが、実は赤身魚ではなく、白身魚です。 サケの身が赤いのはエサの影響 サケの身が赤いのはエサであるオキアミやエビ、カニの殻に含まれるカロテノイド系色素のアスタキサンチンが含まれているためです。 この赤い色素が蓄積した為、サケの身は赤くなっているのです。 そ...
パンダの名前の由来。パンダは元々、レッサーパンダのことであった。
231

パンダの名前の由来。パンダは元々、レッサーパンダのことであった。

パンダといえば、白黒模様がおなじみのジャイアントパンダを思い浮かべる人が多いと思いますが、実は元々「パンダ」はレッサーパンダの名前であることをご存知でしょうか? パンダ = 竹を食べる物 パンダはネパール語で「竹を食べるもの」という意味があります。 パンダはという名前は、もともとネパールに生息していたレッサーパンダに付...
恋は万能薬、風邪にも効果がある
718

恋は万能薬、風邪にも効果がある

何となく体調が悪い時でも、好きな人を前にすると急に体調がよくなる事はないでしょうか? 恋は病気を治す魔法の薬なのかもしれません。 脳内物質が風邪を抑える 恋をすると、脳内でPEAとエンドルフィンという脳内物質が分泌されます。 PEAはフェニルエチルアミンといい、恋愛の初期段階でおこるドキドキ感を引き起こす物質です。 エ...
亀の性別は生まれるときの温度できまる。オスメスの見分け方は?
888

亀の性別は生まれるときの温度できまる。オスメスの見分け方は?

亀の性別は受精した状態では決まっておらず、孵化するまでの卵周辺の温度によって決まるのをご存知でしょうか? 卵の温度で性別が決まる 不思議なことに亀の種類によらず、ほぼ全ての亀が卵の温度で性別が決まります。 しかし、その温度は様々で、例えばアカウミガメなどは28℃以下ならオス、28~29℃ならオスメス半々、30℃以上の高...
Return Top