雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

生物の雑学( 2 )

生物に関する雑学

【吸血鳥】ハシボソガラパゴスフィンチという血を吸う鳥が存在する
1376

【吸血鳥】ハシボソガラパゴスフィンチという血を吸う鳥が存在する

もしも、空を優雅に飛んでいる鳥が血を吸うために人に襲い掛かってきたら? 安心してください、人間の血を吸う鳥は存在しません。 しかし、血を吸う鳥、吸血鳥は存在するのです。 世界で唯一の吸血鳥 ハシボソガラパゴスフィンチ 名前からもわかるように、ハシボソガラパゴスフィンチはフェルナンディナ島、サンチャゴ島、ピンタ島、ジェノ...
虫に関する驚きの雑学30選
1708

虫に関する驚きの雑学30選

信じるか信じないかはあなた次第の虫に関する雑学30選です。 1.ダンゴムシは明治時代に船の荷物に紛れて日本にやってきて、あっという間に日本中に生息域を広げた 2.クロカタゾウムシは硬すぎて針を通す事が出来ない。そのたためテープで貼り付けて針を刺している 3.関節が歯車になっているウンカという虫がいる 4.クマバチは体の...
ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走る
1723

ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走る

嫌われ者のゴキブリ、見つけて退治しようとしてもものすごい速さで逃げるため、なかなか退治できません。 それもそのはず、ゴキブリは人間の10倍の速さ、時速200kmで走ることができるのです。 ゴキブリが人間と同じ大きさなら 平均的な人間で身長が170cmであれば、走る速さはおよそ時速20kmになります。 ゴキブリ、例えばク...
甘いものが大好きなアリも、人工甘味料には近寄らない
661

甘いものが大好きなアリも、人工甘味料には近寄らない

甘いものが大好きで、甘いものにいっぱい群がるアリ。 しかし、甘くても人工甘味料には群がらないのです。 アリにとって人工甘味料は甘くない 甘味料にはいろいろと種類があり、人間は甘く感じるのですが、アリにとっては甘く感じないものもあります。 アリは、触覚やひげで食物に触れることによる刺激で、対象物が食べられるかどうするか判...
白髪を抜くと白髪が増えるというのはウソ
609

白髪を抜くと白髪が増えるというのはウソ

よく白髪を抜くと白髪が増えるというウワサを聞きますが、実際はどうなのでしょうか。 結論から言うと、白髪を抜く事がが影響して白髪の本数が増えることも減ることもありません。 白髪が増えたように見えるのは、そう見えるだけ 白髪を抜くことで白髪の本数が増えたように感じるのは、抜いた白髪が元の長さに戻る頃に、他の短かった白髪が成...
水を飲まなくても死なない、カンガルーネズミという生物が存在する。
833

水を飲まなくても死なない、カンガルーネズミという生物が存在する。

私達人間にとって、水は無くてはならないとても必要なもの。水を一滴も飲まない状態が4~5日ほど続くと人間は死んでしまうといわれています。 これほどまでに大切な水ですが、世の中には水を飲まなくても生きていくことができる、不思議な哺乳類が存在します。 脅威の生命力、カンガルーネズミ 正式にはネズミカンガルー科のネズミですが、...
サメは泳ぐのを止めると死んでしまう
1381

サメは泳ぐのを止めると死んでしまう

サメは泳ぐの止めてしまうと死んでしまうのをご存知でしょうか? サメの他にも回遊魚と呼ばれる魚は泳ぐのを止めてしまうと死んでしまいます。何故、泳ぐのを止めると死んでしまうのでしょうか? 仕事好きな人の中には「俺はサメと一緒で仕事を止めると死んでしまうんだよ」なんてジョークをいう方もいますが・・・ 回遊魚はエラを自分の意思...
血液型のO型はもともとC型だった
2248

血液型のO型はもともとC型だった

血液型にはA型、B型、O型、AB型の4種類がありますが、この中でO型はもともとC型と言われていたのをご存知でしょうか? 抗原をもたない0型 もともと、O型はC型と呼ばれていたのですが、A型、B型のいずれの抗原物質も持たないことから0(ゼロ)形と呼ばれるようになりました。 しかしながら、0(ゼロ)が英語のO(オー)と間違...
睡眠時間の短い人は太りやすい
1336

睡眠時間の短い人は太りやすい

アメリカのコロンビア大学の実験によると、平均睡眠時間が4時間以下の人は7時間の人と比べて7割以上も太りやすいという研究結果があります。 睡眠時間が4時間以下だと、ブラック企業で馬車馬のごとく仕事をさせられてどんどん不健康に痩せてしまうようなイメージがありますが・・・。 食欲に関するホルモンの乱れが肥満の原因 人にはレプ...
ごり押しの由来はハゼ科の魚
1236

ごり押しの由来はハゼ科の魚

無理やり自分の意見を押し通そうとすることを「ごり押し」といいますが、その由来はハゼ科の魚である事をご存知でしょうか? 一見、「ごり」という言葉からゴリラを想像し、力強いゴリラが力で押し通すという風に思ってしまいがちですが、実はハゼ科の魚を捕まえる際に、囲った網に無理やり押し込んでいたことが「ごり押し」の由来であると考え...
Return Top