雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

進化し過ぎた巨大な顎、チリクワガタ

進化し過ぎた巨大な顎、チリクワガタ

2つののこぎり状の顎をもつクワガタですが、進化しすぎたといわれる巨大顎をもったクワガタが存在するのをご存知ですか?

巨大顎のクワガタの正体

巨大顎のクワガタの正体は「チリクワガタ」と呼ばれるクワガタです。

チリクワガタ

  • 生息地:南アフリカ
  • 体長:約80mm
  • 寿命:約1~2ヶ月

チリクワガタは全長の半分にもおよぶ巨大な顎を持っています。これは縄張り争いや交尾の際に役立つのですが、ダーウィンがこのクワガタを見た際、過剰適応だといったほど、進化しすぎた顎なのです。

メタリックな表面とその巨大な顎に対して非常に小さな頭をもったチリクワガタは気性が非常に荒く、怒ると羽と足をすりながらギーギー言いながら威嚇してきます。

進化の過程において、邪魔ともいえる巨大なあご。どうしてこんなに巨大になったのか?生存のためにはむしろ不必要な巨大な顎の真相を突き止めることができず、ダーウィンも結局、過剰適応という言葉でこの進化を片付けるしかなかったのです。

写真はチリクワガタの一種:Chiasognathus grantii / María Jesús / CC BY-NC-ND 2.0

Return Top