雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

タバコの煙を効率よく車の中から出す裏技

タバコの煙を効率よく車の中から出す裏技

最近は外でタバコが吸える場所も少なくなってきました。愛煙家がタバコをゆっくり吸える場所は車の中だけなのかもしれません。
しかし、愛煙家といえども車の中がタバコの臭いで満たされるのは避けたいもの。

今回はそんなタバコの臭いを極力、車中に残さない裏技を紹介します。

臭いが染み付く前に外に出せばいい

タバコの臭いは座席の布に染み付くとなかなか取れません。なので、まずは臭いの原因となる煙を車中に残さず社外に出しましょう。

その方法は運転席の人がタバコを吸う場合は運転席の窓を少し開けて、後部座席の助手席側の窓を少し開けます。そうするとタバコの煙が車内に残らず効率的に車外出て行きます。助手席側の人の場合は、逆の事をすれば大丈夫です。

こうすることで、車中に煙が残らず臭いも内装の汚れも防ぐことができるのです。

写真:Smoke – Imperfecciones 4 / Aldo Tapia / CC BY-NC-ND 2.0

Return Top