雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

ハリセンボンの針千本はデマだった

ハリセンボンの針千本はデマだった

ハリセンボンの実際の針の数は500本程度しかない

フグの仲間であるハリセンボンは怒ったときにウコロが進化した針を逆立てて敵を威嚇します。この針の数、実際に数えてみると多くても500~600本程度しかなく1000本には遠く及びません。

何故、ハリセンボンという名前なのか

昔は数が多いことを千で表していました。そのため、針の多いこの魚をハリセンボンと呼んだようです。ちなみに、英名はPorcupinefish(=ヤマアラシ)です。

写真詳細:
Sea & Clouds / Theophilos Papadopoulos / CC BY-NC-ND 2.0

Return Top