雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

【北斗の拳】「お前はもう死んでいる」は1回しか使われていない

【北斗の拳】「お前はもう死んでいる」は1回しか使われていない

「お前はもう死んでいる」

北斗の拳でケンシロウが敵に必殺技をお見舞いし、この言葉を発すると敵は血しぶきをあげながら死んでいきます。テレビアニメでよく使われ、外人プロレスラーのジャシュ・バーネットも「オマエハモーシンデイルー」とよく言っていました。

しかし、このせりふ、原作では1回しか使われていないのです。

たった1回の「お前はもう死んでいる」

原作で使用されたのは、カサンドラにてカシムに対して発した1回のみ。
下記のように、よく似たせりふを使ったことはありますが、厳密には1回だけです。

原作でよく似たせりふをケンシロウから発していますが、微妙に違うんです。

  • VS ジード666 「お前はもう死んでる・・・」
  • VS マダラ 「きさまはすでに死んでいる!」
  • VS 牙大王 「お前の体はもう死にかけている!」
  • VS カシム 「お前はもう死んでいる!」
  • VS 最終回の悪党 「お前はすでに死んでいる!!」

他に、アニメ版でよくきく有名な叫び声、

「ひでぶ!」
「あべし!」

も原作ではあまり多く使われてはいません。

今日の一枚:Fist of Fury! / Mark Seton / CC BY-NC 2.0

Return Top