雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

一富士、二鷹、三茄子には続きがある

一富士、二鷹、三茄子には続きがある

初夢に見ると縁起がよいとされるものに1に富士、2に鷹、3に茄子と言われています。
諸説はありますが、富士は日本一の山、鷹は賢くて強い鳥、茄子は事を「成す」といことで縁起がよいとされるからです。
しかし、実は4番目、5番目、6番目の縁起物が続くのをご存知でしょうか?

四扇、五煙草、六座頭

三茄子の後には四扇(しおうぎ)、五煙草(ごたばこ)、六座頭(ろくざとう)と続きます。
扇はその広がりから財産や子孫の繁栄を示し、煙草は煙が上へ上へと上がることから、出世を示します。そして、「座頭」とは、琵琶法師の座に所属する剃髪した盲人のことを言い、『毛が無い』ことが転じて『怪我が無い』という縁起が良い意味に取れると言われています。

一富士、二鷹、三茄子、四扇、五煙草、六座頭

1富士2鷹3茄子と4扇5煙草6座頭はお互いに対応しているとも言われており、それぞれ下記のように対応しているようです。

  • 『富士』と『扇』は末広がりな形から、子孫や商売の反映を意味している
  • 『鷹』と『煙草の煙』は上へ上へと上昇して行く為、運気上昇や出世を意味している
  • 『茄子』と『座頭』は両方とも『毛が無い』ことから『怪我が無い』とし、家内安全を意味している

写真詳細:Palouse Falls Sunrise / David Kingham / CC BY-NC-ND 2.0

Return Top