雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

世界遺産である富士山の頂上は私有地!

世界遺産である富士山の頂上は私有地!

念願の世界遺産に登録され、観光客でごった返している富士山、実は富士山は私有地であることを知っていましたか?

実は富士山の頂上は1974年の最高裁判決によって、浅間神社の土地であることが決まっているのです。(※正確には富士山の3360mより上)

この判決がでるまで紆余曲折があったようです。明治政府が太政官布告などによって国有地に編入したのち、最高裁判決により浅間神社の土地になったのですが、静岡、山梨両県の県境が画定されていないため登記がなかなかできず、実際に返還されたのは30年後の2004年になってしまったのです。

浅間神社

浅間大社は全国に1300社ある浅間神社の総本宮で、2000年以上前の紀元前27年頃、噴火を繰り返し、多くの被害を出した富士山の神霊「浅間大神」を鎮めるために、富士山麓に祀ったのがはじまりとされています。

3360mより下は?

3360mより下の部分は国立公園として国が所有しています。

写真の富士山は:On mountain / Furbychan / CC BY-NC 2.0

Return Top