雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

カバは赤い汗をかくと言われているが、実は汗ではない

カバは赤い汗をかくと言われているが、実は汗ではない

カバは赤い汗をかきます。
汗の中に血液成分と同じヘモグロビンが含まれているからという説がありますが、これは間違いです。

カバは汗腺をもたない

カバは漢字で「河馬」と書くように、生活のほとんどを水中ですごすのですが、カバの皮膚は非常にデリケートにできており、乾燥や紫外線にとても弱くなっています。

そのため、カバは汗腺のかわりに、汗腺が変化した「粘液腺」というものから、汗のかわりに粘液を出します。汗でなくこの粘液が赤い色なのです。

この粘液が弱い皮膚を乾燥や直射日光、紫外線から守っています。

また、最近の研究では粘液自体に殺菌作用があることが判明しており、縄張り争いをするオスの体が傷だらけになっても、感染症にかかることなく生活できることも分かっています。

写真詳細:Nebula! or just Cloud? / Palash Biswas / CC BY-NC-ND 2.0

Return Top