雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

傷は消毒しないほうが、早く傷が治る

傷は消毒しないほうが、早く傷が治る

今までの一般常識では怪我をすると傷の治りを早くするため、また雑菌の繁殖を抑えるため消毒をするのが一般的でした。

傷が治るまでの過程

怪我をすると、人間の体はその傷を治そうと自己治癒力が働き、傷口を修復していきます。

  1. 出血している箇所を止血するため止血しようと血小板が集まってくる
  2. 白血球が傷で死滅した組織や細菌を除去する
  3. コラーゲンを生成する細胞(線維芽細胞)が集まり傷口をくっつける
  4. 表皮細胞が集まり、傷口をふさぐ

なぜ消毒しないほうが傷が早く治るのか?

消毒した場合、確かに傷口の消毒にはなるのですが、消毒によって傷を塞ぐための細胞の働きまで弱めてしまうため、自己治癒の働きを弱めてしまうのです。傷口は水で洗い流すくらいにしておき、あとは体の自然治癒力に任せるのが一番手っ取り早く傷を治すための手段となります。

気持ち的には消毒したくなるものですが、まずは水で洗い流しす程度にして、その後に市販のキズパワーパッドなどを用いてい傷口を保護するのが傷を早く・きれいに直す最善の方法なのです。

今日の一枚:Dengue virus infection / Sanofi Pasteur / CC BY-NC-ND 2.0

Return Top