雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

ムカデの足は何本ある?

ムカデの足は何本ある?

ムカデは漢字で百足と書き、名前から足が100本あるといわれています。また英語でも「Centipede」と下記、この語源はラテン語で「100本の足」と言う意味。

しかし、実際のムカデの足は100本もないのです。

実際のムカデの足の数は?

ムカデの実際の足の本数は一般的に30~50本くらいといわれています。100本もの足を持ったムカデは相当珍しいようですが、足の数の最多記録は「ジムカデ」というムカデで、何と354本もの足があるのだそうです。

ムカデの足は100本を超えることは少ない。では何故、百足と書くのか? その理由は、数が多いことを表す際に、百という漢字を当てただけだとも言われています。

ちなみに「ヤスデ」は千本足(Millipede)という意味の名前がつけられているのですが、最多で710本もの足がある固体が見つかっています。

写真はガラスのムカデ:Glass Centipede / The ChainMaille Lady Andersen / CC BY 2.0

Return Top