雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

家庭の味、肉じゃがはイギリス生まれの料理だった

家庭の味、肉じゃがはイギリス生まれの料理だった

家庭の味として代表される料理の肉じゃが。
日本発祥の料理と思われがちですが、実はイギリス生まれの料理なのをご存知でしょうか?

肉じゃがはイギリスのビーフシチュー

日露戦争でバルチック艦隊を打ち破った海軍司令官、東郷平八郎。

肉じゃがのルーツには、
この東郷平八郎が関係していると言われています。

若い頃、イギリスのポーツマスに留学していた東郷平八郎。
留学先で食べていた「ビーフシチュー」のおいしさに感動し、日本に帰国後もビーフシチューを食べるために、艦上食にビーフシチューを加えるよう軍に依頼したと言われています。

しかし、東郷平八郎は

「牛肉、にんじん、たまねぎ、じゃがいも、これでビーフシチューを作れ!」

と、何とも適当な依頼の仕方だったようです。

こんな適当な依頼でまともなビーフシチューができるわけがありません。
また当時の日本ではビーフシチューの材料である赤ワインやデミグラスソース、バターの入手が非常に困難だったこともあり、
困り果てた軍の担当料理長は材料を醤油と砂糖で代用したのだそうです。

こうして出来上がったのが、食卓でおなじみの肉じゃがだったのです。

肉じゃがのルーツはビーフシチューではない?

当時の日本の洋食専門店では既にビーフシチューやハヤシライスが一般的メニューであったと言われており、牛肉を醤油と砂糖で煮るのは牛鍋や牛肉の大和煮と同様の手法であることなどから、東郷平八郎の伝説は単なる都市伝説に過ぎないとする意見もあります。

Return Top