雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

親知らずが不必要な理由

親知らずが不必要な理由

親知らずも昔は、肉などをすりつぶすのに利用する大臼歯として必要な歯でした。
しかし、人間の進化の過程で大脳が大きくなり、頭蓋骨の構造が変わったこと、特にあごが小さくなったことにより親知らずは生える場所のない、役に立たない不要な歯となってしまったのです。

親知らずの由来

昔は寿命が短く、親知らずが生える頃には親は死んでいました。そのため親知らずという名が付いたようです。また、 親知らずのことを英語では 「wisdom tooth」といいます。これは物事の分別がつく年頃になってから生えてくる歯であるということに由来します。

Return Top