雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

甘いものが大好きなアリも、人工甘味料には近寄らない

甘いものが大好きなアリも、人工甘味料には近寄らない

甘いものが大好きで、甘いものにいっぱい群がるアリ。

しかし、甘くても人工甘味料には群がらないのです。

アリにとって人工甘味料は甘くない

甘味料にはいろいろと種類があり、人間は甘く感じるのですが、アリにとっては甘く感じないものもあります。

アリは、触覚やひげで食物に触れることによる刺激で、対象物が食べられるかどうするか判断します。

人工甘味料は自然にできた甘みではなく、あくまで人間が甘く感じるように人間が作り出したものです。自然界にはそもそも存在しないものなのです。

自然に存在するものであれば、それがアリにとって食物であるかどうかが判断できるのですが、自然の中に存在しないものはその判断ができ無いため、アリは人工甘味料には群がってこないのです。

アリは甘いものではく、カロリーのあるものに群がる

また一説には、アリは甘さを求めているのではなく、カロリーを求めているため、カロリーの無い人工甘味料には見向きもしないとも言われています。

実際に、カロリーのない人工甘味料やこんにゃくと一緒ににカロリーの含まれる卵やごはんなどを並べてみると、人口甘味料やこんにゃくにはアリは近寄りませんが、卵やご飯には群がるといった結果もあります。

Return Top