雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

バターは実は食べ物ではなかった?

バターは実は食べ物ではなかった?

パンに塗ったり、食べ物の隠し味で使ったり、様々な料理にかかせないバター。
忘れていました。お菓子作りには絶対ですね!
ここでは知られざるバターの情報を紹介します。

バターはいつごろ作られたのか?

実はバターの歴史はすごく古いのです。
紀元前2千年前のインドでバターが食べられていたという記録が出てきたということで、
バターの歴史は4千年以上ともいわれています。

バターは昔食べ物ではなかった?

大昔にはバターは食べ物として作られていたようですが、形が変わっていきます。
ギリシャ時代、アレクサンダー王の遠征で食べるバターが「塗り薬」用のバターに変化していったと言われています。
長い遠征の中で敵国との争いで傷を追った兵士が傷を癒すためにバターを塗っていたそうです。
その他にも髪や体に塗る薬、化粧品、潤滑油として、ごく一部で使用されていたようです。

スコットランドでは羊にバターを塗って毛並みをきれいにしていたという説もあります。

オリーブオイルは化粧品に使われていたりするので同じような用途だったのでしょうね。

Return Top