雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

イギリスでは5歳からビールが飲める?!

イギリスでは5歳からビールが飲める?!

ビールが美味しい季節になりましたね。ビアガーデンに行きたいと思っている人も多いはず。

ビールは飲みすぎは良くないですが、ストレスを解消する、食欲増進の効果もあります。

日本ではアルコールが飲める年齢は20歳です。法律で定められています。他の国の飲酒事情はどうなっているのでしょうか?

アメリカでは州によって異なりますが多くの州では21歳。
インドでは25歳から。イスラム教の国ではアルコールを禁止している国もたくさんあります。

イギリスでは5歳からビールが飲める?!

驚くことにイギリスは5歳からビールが飲めます。え~?そんなに早い年齢で大丈夫?と心配になりますが
親が見ているところで、家庭内で飲むということが原則です。

最低購入年齢は18歳です。18歳で全面的に飲酒が許されます。
16歳で、ビールとサイダーをバーやレストランで飲むことが認められます。

欧米人はどうしてお酒が強いの?

アルコールは、体内でアセトアルデヒドという有害な物質に変わります。
これを分解して酢酸に変える働きをもつ酵素を、ヨーロッパでは大半の人が2種類持っています。
アジア人は1種類しかない人が多く、一般的にお酒がそんなに強くないと言われています。

遺伝的な特性もあるということですね。
イギリス人が5歳からお酒が飲めるのもそういった理由があるのかもしれません。

Return Top