雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

納豆と豆腐の漢字の由来は?

納豆と豆腐の漢字の由来は?

同じ大豆から作られる納豆と豆腐ですが、なぜこのような漢字で表記されるのでしょうか?

豆腐は豆を納める?納豆は豆が腐っている?

納豆と豆腐のイメージからすると、

「納豆は豆が腐っているから豆腐」

「豆腐は豆を納めているから納豆」

が正しいような気がしますが、まったく違います。それぞれ、由来があるのです。

豆腐の漢字の由来

諸説あるのですが、豆腐の漢字の由来は次のように言われています。

1.豆腐の「腐」は中国では「柔らかい」という意味。

中国では「腐」を柔らかいとか固めるという意味で使用します。

2.納豆と豆腐が中国から伝わった際に名前が入れ替わってしまった。

中国から輸入された際、木箱に『納豆』『豆腐』と張ってあった紙が台風で剥がれ、適当に戻したら逆になった。ただし、この説は次に述べる「納豆は日本発祥」という事実と矛盾します。

納豆の由来

納豆は日本発祥の食べ物であると言われています。

秋田県の横手市、金沢公園には「納豆発祥の地」と記された碑もあります。また、秋田音頭に「桧山納豆」が秋田名物の一つとして謳われています。
※納豆発祥伝説は全国に数多くあるのですが・・・

そんな、日本発祥の納豆ですが、納豆という漢字の由来は次の説が有力です。

1.寺社の納所(納屋)で作られていたため、「納所の豆」ということで、「納豆」と呼ばれるようになった。
2.殿様や皇帝にお納めする物だったから、『納』豆となった

いずれにせよ、納豆と豆腐は共にとても美味しくて、健康にもよい食べ物ですので、ありがたくいただきましょう。

Return Top