雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

虫にも心臓がある

虫にも心臓がある

人間とおなじように虫にも心臓があることをご存知でしょうか。人間の場合は、肺のちかく、胸のあたりに心臓があるのですが、虫の場合は背中に心臓があります。形も全く違い、管のようになっています。

昆虫の場合は、背脈管とよばれており、背中にある管なのでこの様に呼ばれているようです。

心臓の部分の長さは昆虫のサイズにもよるのですが、大体体長の半分ぐらいのサイズになっており、心臓が体長に比べて大きい所も特徴です。また、昆虫には実は血管がありません。そのため、心臓が血管のような役割をもっています。

心臓で出来た血液が体中にしみわたるような作りになっています。昆虫の場合は、人間とは違い、様々な形をしているので、それぞれの昆虫ごとに体のつくりが大きく変わるところとなっています。

そんな昆虫ひとつひとつに適応する為にも、心臓や血管など体のつくりは人間や哺乳類と大きく違う形となっています。

生物の雑学

体の中で一番汚い所はどこ?
549

体の中で一番汚い所はどこ?

体のパーツで汚いところと質問すると肛門と答える人が多いですが実は違います。体の中でどこが一番汚いところか分かりますか? 肛門は意外と綺麗 汚いことに違いはないのですが、露出している肛門の部分は意外と綺麗です。うんちを出す時は、内側の皮膚から...
More

スポンサーリンク

Return Top