雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

猫や犬に食べさせてはいけないもの

猫や犬に食べさせてはいけないもの

人間と生活を共にし、人間の食べ物も食べるようになった猫や犬ですが、何でも食べるからといって何でも与えて言いというわけではありません。

中には猫や犬の健康を害する食べ物もあるのです。

猫や犬に食べさせてはいけない食べ物の一部を紹介します。

猫に食べさせてはいけないもの

アワビ
アワビの肝臓には日光に当たると有害になる物質が含まれています。アワビを食べた猫が光過敏症になり、皮膚の薄い耳の部分が欠けてしまうことがあります。

イカ
猫がイカを食べると腰を抜かす」と言われますが、迷信ではなく、生のイカを食べるとビタミンB1欠乏症を起こし、歩行困難になることがあります。

牛乳
猫には牛乳に含まれる乳糖を分解する酵素が少ないので、下痢を起こすことがあります。ついつい暖めた牛乳を与えがちですが、与えないようにしましょう。


猫は汗腺が発達していないので、汗をほとんどかきません。1日に必要な塩分の量は人間の約3分の1程度です。塩分の多い食ベ物は非常に腎臓に負担を与え、腎機能障害を起こしやすしてしまいます。

犬に食べさせてはいけないもの

ネギなどのネギ科の植物
ネギの辛味成分は犬の赤血球を破壊してしまいます。

ぶどうやレーズン、マカダミアナッツ
因果関係は不明ですが、中毒症状を引き起こします。嘔吐や下痢を繰り返し最悪の場合、死に至ってしまいます。

チョコレート、カカオ
カカオに含まれているデオプロミンという成分が中毒症状を引き起こします。大量に食べてしまうと死んでしまう場合もあります。

スルメ
スルメ自体は害のある食べ物ではありまえせんが、食べたあと胃の中で10倍以上に膨れ上がることがあります。食べ過ぎると消化もできず吐くことも出来ないため、危険な状態になってします。

Return Top