雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

果物アレルギーが存在する

果物アレルギーが存在する

日本で多く売られているリンゴやもも、梨などは植物学上の分類ではバラ科の一種です。花粉アレルギーを抱えている人がこれらの果物を食べると口やのどの痒み、更には花粉佐レルギーと同様の症状が出ることがあります。

これはバラ科の植物と花粉症を引き起こす花粉の分子の構造が似ているのが原因とされているのですが、同様の理由でウリ科のメロンやスイカ、ミカン科のミカンやオレンジも花粉アレルギー持ちには危険な果物と言えます。

また、花粉の種類ごとにアレルギー症状を引き起こす果物の種類も異なり、シラカバやハンノキの花粉はバラ科、ブタクサやイネ科の雑草はウリ科とそれぞれの花粉と対になっているのが特徴です。

花粉アレルギーはいつ、だれが発症してもおかしくない。また、果物のアレルギー症状は程度に個人差があることから、人によっては自分がアレルギー持ちである自覚が無いことも珍しくありません。花粉には殆ど反応しない一方で果物には強いアレルギー症状が出るケースも稀に存在しますので注意しましょう。

生物の雑学

体の中で一番汚い所はどこ?
937

体の中で一番汚い所はどこ?

体のパーツで汚いところと質問すると肛門と答える人が多いですが実は違います。体の中でどこが一番汚いところか分かりますか? 肛門は意外と綺麗 汚いことに違いはないのですが、露出している肛門の部分は意外と綺麗です。うんちを出す時は、内側の皮膚から...
More

スポンサーリンク

Return Top