雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

ハロウィンのシンボルのかぼちゃ

ハロウィンのシンボルのかぼちゃ

最近では日本でも様々な場所でハロウィンイベントが開催されていますよね。
東京の街を若者がコスプレして歩くのが毎年恒例にもなりつつあります。

さて、日本人は一体どれくらいハロウィンのことを知っているのでしょうか?
ただ仮装してお酒を飲むイベントだと思っている人も多いはず。

ハロウィンって何?

そもそもハロウィンって何でしょう?
古代中世ヨーロッパのケルト人という民族のお祭りが起源だと考えられています。
ハロウィンの日の夜(正式には10/31~11/2とされている)死者の霊が家族に会いに来たり、精霊や魔女が出ると信じられていました。
死者の霊をともらう日(日本でいうお盆的な感じで)、または悪霊を追い払うためのお祭りが始まりだそうです。また秋の収穫を祝うお祭りという位置づけもあったそうです。

だから現代のハロウィンで仮装するのは悪霊から身を守るため、また悪霊を怖がらすために仮装すると言われています。
セクシーな衣装やキャラクター物とかも多いので時の流れと共に本来の目的が失われていっていますね。。

 どうしてハロウィンにはかぼちゃなの?

なぜかハロウィンのシンボルはかぼちゃです。アメリカではかぼちゃ畑でかぼちゃを収穫し中身をくりぬいて顔を描きます。
夜になるとそのカボチャの中でろうそくに灯をともします。

実は昔はカボチャではなく【かぶ】がモチーフになっていたそうです。
ハロウィンを語る上で重要な人物「ジャック・オー・ランタン」が関わっています。ジャックは伝承上の人物ですが、
昔悪事をたくさん働かしていたため、天国にいけず、悪魔と地獄に行かないという契約を交わしたためどこにもいけず
かぶをくり抜き、それにランタンを入れ彷徨い歩いていたと伝えられています。

かぶはアメリカでは馴染みがあまりない野菜なので、収穫量の多いかぼちゃが代わりになったと言われています。

どうでしたか?
意外と知らないことって多いですね。
知っているのと知らないのとでは楽しみ方が違ってくるかもですね!

Return Top