雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

アップルマンゴーとペリカンマンゴー

アップルマンゴーとペリカンマンゴー

マンゴーに触るとかぶれる

美味しい南国の果物であるマンゴー。実はウルシ科の植物なのです。そのため、実などに触るとウルシに触れたようにかゆくなったり、被れたりすることがあります。

昔、日本で売られていたマンゴーはペリカンマンゴー

ところで、最近では国産のマンゴーが売られていますが、以前は輸入に頼っていました。輸入に頼っていた時のマンゴーの品種は、少し平たい形をした「ペリカンマンゴー」と呼ばれる物です。

輸入する際には時間がかかるので、完熟のマンゴーでは傷んでしまい、商品にはなりません。それで、完熟していない青い実のまま運ばれていました。そのせいで、以前はあまり美味しいマンゴーではありませんでした。

今、日本で売られているマンゴーはアップルマンゴー

現在では、ハウス栽培が可能になったので、完熟した美味しいマンゴーを食べることができます。日本で主に栽培されているマンゴーのほとんどが、「アップルマンゴー」と呼ばれる品種です。この品種は、メキシコやブラジルからの輸入の物も売られています。

生物の雑学

体の中で一番汚い所はどこ?
2

体の中で一番汚い所はどこ?

体のパーツで汚いところと質問すると肛門と答える人が多いですが実は違います。体の中でどこが一番汚いところか分かりますか? 肛門は意外と綺麗 汚いことに違いはないのですが、露出している肛門の部分は意外と綺麗です。うんちを出す時は、内側の皮膚から...
More
Return Top