雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

お金の起源 どのように通貨や紙幣はできたのか

お金の起源 どのように通貨や紙幣はできたのか

物やサービスを購入するのに使用されるお金。誰もが使わなければ生きていけないお金のを起源をご存知でしょうか?

元々は物々交換で欲しいものを手に入れていた。というのは多くの方が知っていることだと思いますが、もう少しだけ詳しく紹介します。

物々交換は効率が悪い、そして市場ができた

昔の人々は、物々交換で欲しいものを手に入れていたわけですが、例えば自分が布を持っていて魚が欲しい場合、魚を持っている人を探さなければいけません。しかしながら、魚を持っている人が都合よくどこでも存在するわけではありませんので、いつまで経っても魚が手に入らない場合もありました。

これでは効率が悪いので、物々交換を行うために人は自然と一つの場所に集まるようになりました。市場の始まりです。欲しいものがある人は市場に集まればよかったのです。

欲しいものを手に入れるために共通の欲しいものができた

市場に集まることで効率よく欲しいものを手に入れることができるようになりましたが、欲しいものを持っている相手が自分の持っているものを欲しいとは限りません。これでは物々交換が成立しません。

そこで考えられたのは、「誰でも欲しいものを交換する元にする」ということです。

昔々の日本ではみんなが欲しがるものは「稲」でした、当時、稲は非常に高価なもので誰でも欲しいものだったので、稲さえ持っていれば何にでも交換できることができたのです。

貨幣や紙幣、値段の値の語源

欲しいものと交換する元となった稲ですが、当時は「ネ」と発音されていました。「その肉はどれくらいの「ネ」と交換できるの?」このような会話が一般的となり、物の価値のことを「ネ」というようになり、現在使われている値段の値となったのです。

稲と同じように誰もが欲しがる物がありました。それは布です。貨幣や紙幣の「幣」という字は実は布という意味があり、その痕跡が伺えます。

このように誰でも欲しがる共通の物で物々交換を行うようになったことで、お金の元ができたのですが、中国では子安貝と呼ばれる貝が物々交換に使用されました。実はこの貝が今のお金の起源になったと考えられています。お金に関する漢字を見ると貝という字が多く使われてるのも貝がお金の元だったからということです。

例えば貨幣の貨、購入の購、賃貸という字、賄賂、などなどお金に関係する漢字には貝という字が多く使用されているのです。

生物の雑学

体の中で一番汚い所はどこ?
549

体の中で一番汚い所はどこ?

体のパーツで汚いところと質問すると肛門と答える人が多いですが実は違います。体の中でどこが一番汚いところか分かりますか? 肛門は意外と綺麗 汚いことに違いはないのですが、露出している肛門の部分は意外と綺麗です。うんちを出す時は、内側の皮膚から...
More

スポンサーリンク

Return Top