雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

「さくらももこ」さんは実は「ともぞう」が嫌いだった?!

国民的アニメ「ちびまるこちゃん」の作者「さくらももこ」さんが乳がんでお亡くなりになったニュースは全国に衝撃を与えました。
53歳という若さでこの世を去ったさくらさんですが、多くのユーモア溢れる、時には感動する作品を残してくださいました。

私のお気に入りは映画化された「私の好きな歌」です。
絵描きのお姉さんとの最後の別れが何とも言えないくらい感動的でした。子どもながらに号泣したのを覚えています。

さてそんなちびまるこちゃんから意外な事実です。

さくらももこさんはともぞうが嫌いだった?!

実はさくらさんはともぞうが嫌いだったそうです!
アニメではあんなに優しくて孫思いのともぞうですが、実際のともぞうは性格が悪く、嫁いびりがひどく、さくら姉妹も散々な目に合っていたそうです。
家族全員が嫌っていたといわれるともぞう。
さくらさんが残した小説にはともぞうの最後の日が描かれています。
ともぞうの死んだときのお顔があまりにも滑稽だったそうで、家族全員大爆笑だったそうです。
人の死を笑ってしまうのは不謹慎ですが(泣)さすがさくらさんのお家ですね。

さくらさんはともぞうが嫌いだったため、漫画には自分の理想のおじいちゃんを描いたそうです。
架空の人物だったかもしれませんが、ともぞうのあのキャラクターはずっと愛されていくと思います~

Return Top