雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

国旗のデザインが同じ国がある

国旗のデザインが同じ国がある

日本の国旗は日の丸、アメリカの国旗は特徴的な星条旗というように、国旗はその国唯一のものであると誰もが思うでしょう。

しかし、世界には同じデザインの国旗を持つ国があるのです。

インドネシアとモナコの国旗は同じデザイン

地域も言語(モナコはヨーロッパ、インドネシアは東南アジア)、宗教や国の歴史までまったく異なるインドネシアとモナコですが、両国の国旗は上半分を赤、下半分を白としたシンプルなデザインです。

唯一の違いは国旗の縦と横の比率であり、インドネシアは2:3 、 モナコは4:5です。

インドネシアとモナコ国旗

なぜ国旗が似ているのか

モナコの国旗は1818年に制定されたもので、赤と白の2色は13世紀以降この地を支配してきたグリマルディ公家の色に由来します。

一方、インドネシアの国旗は1945年の独立時に制定され、13世紀末の発祥と言われる伝統的な国民色が使用されています。

インドネシア国内では “Sang Merah Putih” と表記され、Merah Putih が「紅白」を意味し、赤は勇気と情熱を、白は真実と聖なる心をあらわします。

つまり、たまたま似てしまったのですが、13世紀に流行った赤と白という配色が原因かもしれません。

同じ国旗でインドネシアとモナコは揉めないのか?

国旗の制定年はモナコが1881年、インドネシアは1945年ですが、デザインが同じということで、両国で話し合いが何度か行われたようです。

ただ、両国ともに歴史的意義があるデザインを使用していることから、どちらが先だと揉めることなくこの国旗で使い続けているのです。

Return Top