雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

白い歯は不健康、実は黄色い歯の方が健康的?

白い歯は不健康、実は黄色い歯の方が健康的?

芸能人は歯が命、と言われるように世間一般的には歯は白い方が健康的で素敵に見えます。

しかし実は歯は黄色い方が健康的だと言うことをご存知でしたでしょうか?

歯の健康度はエナメル質の石灰化の度合いで決まる

歯の色はエナメル質の透明度によって決まります。エナメル質の透明度が高いほど、象牙質の色が透けて黄色く見えるというわけです。

エナメル質は石灰化の度合いが高いほど硬く透明になっていきます。つまり、歯が黄色いというのはエナメル質の石灰化が進み硬く丈夫な歯になっているということなのです。

色素が沈着している場合も歯は黄色くなる

歯が黄色く見える理由には内因性のものと外因性のものとがあります。

先に説明したエナメル質が透けて象牙質が透けて見るのは内因性要因ですが、外因性要因はコーヒーや紅茶の色素の沈着やタバコのヤニによるものです。

カレーなどの色が濃くても、付着した色素が簡単に取れるものは歯磨きをすれば取れます。しかし、歯みがきしても落ちにくい着色は厄介です。特に着色が残りやすいのは、紅茶や緑茶、烏龍茶などのリーフティー、赤ワインだと言われています。

紅茶等に含まれる渋み成分であるタンニンは、カルシウムや鉄などの金属イオンと結びつきやすく、いったん歯の表面に沈着すると、ちょっとやそっとじゃ取れないという性質があるのです。

歯は磨きすぎると表面のエナメル質を傷つけてしまうため、歯の色を気にするならこれらの飲み物は控えるようにしましょう。

Return Top