雑学の魂

気になる雑学ときれいな写真を毎日お届け。

トリック・オア・トリートって?

トリック・オア・トリートって?

ハロウィン雑学第2弾です。

いよいよ10/31が近づいてきました。仮装を準備しているひとも多いのではないでしょうか?

さて本題です。

ハロウィンでは、仮装して近所を回りお菓子を貰うというイベントがあります。
日本ではまだしていないところが多いと思いますが、アメリカではハロウィンの一般行事とされ小さい子どもは喜んでご近所を回ります。
ご近所を回る際に子どもたちが叫ぶ言葉が「トリック・オア・トリート」です。

トリック・オア・トリートって何?

この言葉は英語で、日本語に訳すと「お菓子をくれないといたずらするぞ!」という意味です。(だいぶ意訳しています。)

仮装して近所を歩く子どもたちは実は「悪霊」なのです。
お菓子をあげることで悪霊を追い払うという意味があります。

「トリック・オア・トリート」は大人のための言葉だった!

ハロウィン雑学第1弾で伝えたように、ハロウィンという行事はヨーロッパのケルト人が起源と言われています。
死者が天国に行けるように、悪霊を追い払う日ということで、この日は「ソウルケーキ」というものを準備します。
信者にソウルケーキを渡すことができれば、死者の魂に祈りをささげてくれるのですが、ケーキがない家には祈りをささげてもらえません。
ケーキをあげることで、悪霊も追い払うことができたのですね。

こうした風習が今形を変えて、ケーキがお菓子になり、信者が「子ども」になったということなのでしょうか。

お菓子をくれないと報復がある?!

アメリカではお菓子をくれる家は明かりをつけて子どもたちにわかるようにするらしいのですが、
明かりをつけていてもお菓子をあげない家があるそうで、そういう家には子どもたちがいたずらをすると言われています。泣
「ドアに生卵をぶつけたりする」いたずらもあるそうです。
この当たりは事件沙汰になるのではなく、お互い了承のうえでしているとか。。。?

子ども向けのイベントですが、一度アメリカのハロウィンも経験したいものですね!

Return Top